東京の医師求人事情について

実際は様々な医療機関から非公開の求人があった

このような思い込みはとある事情で間違いであると言うことを知りました。
それは医局に所属しないで活動している知人の仕事の見つけ方を聞いたときの話です。
私は自分の専門分野についてそれほど不満を持っているわけではありませんが、自由に働くことができないと言う点についてはやや不満がありました。
人手不足の応援と言う形ではやりたいことがやれるわけではありません。
最終的には独立開業するしかないのかと考えることもありましたが、実際には東京の様々な医療機関から求人が出ているという現実がありました。
それは非公開の求人と言うもので、私はそれを全然知らなかったのです。

今後、医者はレベル制にして薬剤師を初等医師にすれば良い。
実際の薬剤師の業務は不要で医師からの処方箋→EC→物流即配で。

定期的に薬をもらいに来る老人は初等医師の遠隔診療でOK。

日本の医療費年間約42兆円は今後もっと増えるだろうから、医師免許の規制緩和+IT化で医療費半額以下にしましょう。

— drama (@aka_showt) April 23, 2020
このような非公開の求人は探すことができる立場になればたくさんあるということがすぐにわかります。
私も見に覚えがありますが、医師は多忙でありどうしても時間を作ることができないと言うことがあります。
そのような局面においても医療の現場は止まることがありませんし、医者がいない環境で仕事をするということが不可能です。
そのため医局に関わらない募集が行われている現場と言うものが存在しています。
医局に所属しない一般の病院などでは、一定の力量を持っている医師を紹介するという形で仕事を回しているという現実がありました。

医師の求人はほぼ医局絡みだと思っていた実際は様々な医療機関から非公開の求人があった医師の求人の紹介をする会社を知り探してもらうことに