東京の医師求人事情について

医師の求人の紹介をする会社を知り探してもらうことに

公募しないのはその人がどういう実績がある実力がある人なのかがわからないためかもしれませんし、医者を募集している病院と言うのは利用する側から見れば結構不安を感じるかもしれません。
そのため公募しにくいという特徴があるようです。
私はそのような紹介をする会社を知人から教えてもらい、自分が働きたい環境を伝えて探してもらうことにしました。
表立って募集することはできないけれども、一定の条件を持った人材がいればつないでほしいと言う医療機関の現場からのニーズがあるということがそこでわかりました。

医局人事と言う言葉がありますが、狭い世界に入ってしまうとその関連の世界でしか仕事を見つけることができません。
仕事がないと言う状態はありませんが自分で選ぶには限界があります。
そのようなから打ち破るためには、医局人事に影響されない人が仕事を仲介すると言うのが思いのほか有効だとわかりました。
そういったサービスを利用すれば、全く縁もない世界とつながることができます。
私にはこれが画期的で面白い仕組みだと思いました。

医師の求人はほぼ医局絡みだと思っていた実際は様々な医療機関から非公開の求人があった医師の求人の紹介をする会社を知り探してもらうことに